こちらはGTASAでの合作企画に登場するキャラクター、及び企業などをまとめたWikiです。荒らし、規約違反がないようにご利用下さい。

CANIS Seminole Nordberg


Foreign Power 解説文

Los Santos Custom 解説文

性能

車重2061kg
最高速度194km/h
駆動方式4WD
エンジンカニス製3.6L V6
馬力295ps/6400rpm
搭乗可能人数5
価格$30000

概要

メーカーカニス
カテゴリミドルサイズSUV
年式2022

解説

アメリカ・ビッグ3の1つ、シャイスターのSUV部門、カニスの現在のフラグシップSUV。
4代目に当たるこのモデルは2019年に登場し、2022年にマイナーチェンジが行われ、ベーシックグレードの「ノードベリ」、スポーツグレードの「キーストーン」の2種類が用意された。
また、オフロード走行に特化した「クエーサー」も追加された。

キーストーンはV8 SEMIエンジンが搭載されているが、主力モデルであるノードベリには可変バルブ機構を備えているV6エンジンが採用されている。従来の4.7L・V8エンジンより、馬力が55ps上回る一方で約10%の燃費向上を果たしている。

主力モデルであるノードベリにはタクシー向け仕様と警察向け仕様の2種類が用意されている。それぞれ専用の装備や仕様なども存在する。

タクシー向け仕様は全米でも屈指の知名度を誇る、ビッグウィリーズキャブに試験的に採用された後、正式採用が発表され、ビッグウィリーズキャブは保有するタクシーの8割以上をこのセミノールに置き換える方針であることを明かしている。

また、警察向け仕様も各地の警察機関の目に止まっており、西海岸ではサンアンドレアス州警察が、東海岸ではリバティーシティの一部とバイスシティ市警が、中西部ではノースヤンクトン州警察やエニウェアシティ市警などに正式配備されている。

そのオフロード向けでありながら、街乗り向けのスタイルである、という周りの風景を選ばないスタイルからか、カニスで人気のメサ同様の人気を誇っており、北米では人気車種の1つとなっている。

また、ノードベリにはフロントバグガードやルーフレールと言った様々なオプション装備が用意されていることが人気を後押ししている。
※フロントバグガードとルーフレールと言ったオプション装備の多くは初代スカーレット・ボンバードの1世代目のオプションパーツとして用意されていた物である

そのボディサイズから小型のボートや自転車程度ならばルーフに乗せての運搬が可能。
またオプションでヒッチメンバーの装着も可能。これにより、ボートなどの運搬も可能となる。
※いずれもノードベリでのみ選択可能なオプションである
派生仕様
シャイスター製6.4L SEMI V8エンジンを採用しているスポーツグレード。
性能が向上し、475馬力、最高速度251km/hを記録しているパフォーマンスSUV。
しかしながら、ノードベリで選択可能なオプションが選択できない(厳密には正規で取り付けることが不可能となっている)。
オフロード特化型モデル。エンジンはV6だが、オフロードに特化したセッティングが成されている他、馬力が引き上げられている。
セミノールにヘルバットエンジンを積むという暴挙を成し遂げたグレード。脅威の707馬力を記録しており、まさに「獰猛な虎」そのものである。
2021年にカニス生誕80周年を記念して発売された限定モデル。限定カラーにペイントされているのが特徴。
スポーツグレードのキーストーンをベースに装甲を施したセミノール。
カニスからの正規販売ではなく、HVY社からの販売であり、カスタマイズ車両扱い。
アルター社の指示の元、HVYが完全受注生産を行っている。
ノードベリをベースとしているタクシー仕様で、採用されているほとんどの車両はノードベリと変わらない(ホイールキャップレスなど、ちょっとしたコストカットが行われている以外は通常のモデルと同様)。
しかしながら、タクシーグレード専用の車いす乗降に対応したバリアフリーモデルが存在しており、これがビッグウィリーズキャブの制式採用を後押しした。
2022年後半には乗降しやすくするために、専用のサイドステップを装着したモデルが追加予定である。
  • ポリスカー仕様
ノードベリをベースとしている警察グレード。
ベースはノードベリではあるのだが、エンジンは5.7LのV8エンジンが採用されている。10馬力ほどの性能向上と加速性が上がっているのが性能面での大きな特徴。
専用の装備としてウィンチが存在する為か、山岳地帯を中心に配備されていることが多い。
現在はサンアンドレアス州警察、リバティー市警(一部地域)、バイス市警に加えてノースヤンクトン州警察、エニウェア市警などでも採用。
また、ブルワース地方の警察署でも採用されているケースが確認されている。

チューニング対応スペック(LSC対応車種のみ)

スペック対応アップグレード費用
ストックカー-
ストリート$12000
ダート$15000
パフォーマンス$40000
レイド$32000
サーキット×-
ローライダー×-

その他

ロゴ
パトカー仕様
タクシー仕様
オプション
キャリアベース&
ルーフボックス
スペアタイヤ
フロントバグガード
ウィンチ
リアスポイラー

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

キャラクター一覧

大英帝国の紅い月

企業・行政一覧

通信業

行政

犯罪組織


メーカー一覧
販売台数ランキング
カテゴリ別評価ランキング
モータースポーツ
ラジオ局


シティガイド


【メニュー編集】

どなたでも編集できます