こちらはGTASAでの合作企画に登場するキャラクター、及び企業などをまとめたWikiです。荒らし、規約違反がないようにご利用下さい。

パチュリー・ノーレッジ


パチュリー・ノーレッジ(Patchouli Knowledge 1998年8月12日 - )は、イギリスの実業家、技術者。
スカーレットグループの創業者の一人。スカーレットグループ・アメリカのCEO。

称号はイギリス女王より司令官騎士(大英帝国勲章デイム・コマンダー)を贈られている。

日本語ではパチョリ・ノーレッジと表記されることもある。愛称は「パチェ」。

経歴

幼少期
1998年、イギリス・ロンドンにてイギリス人の両親の元に生まれたとされる。幼少期から本を読むのが好きで、家中の本を読んで漁っていたという。
こうして子供としては並外れた知識を得たパチュリーは、初等教育を終えた後にケンブリッジ大学入学を目指しての勉強を始める。

学生時代
2010年、12歳の若さでケンブリッジ大学に飛び級入学。そこで同じく飛び級入学したレミリア・スカーレットと知り合い、親友になる。
ケンブリッジ大学ではレミリアと首席の座を争ったが、僅かに及ばず、14歳の時に次席で卒業を迎えることとなった。
大学卒業後、パチュリーはレミリアの提案で十六夜咲夜?と共に3人で、共にスカーレット・エレクトロニクスを設立する。

Scarlet、Moonlightの開発
2012年6月、初のPCとなる「Scarlet」を発表。後にスカーレット・エレクトロニクスの代表的商品となるPCだが、Scarletのプログラムの大半はパチュリーが組み上げたものである。
9月に発表された「Moonlight」についても同様であり、レミリアが経営者として評価されていったのに対し、パチュリーは技術者としての評価を一気に高めていくこととなる。

スカーレットグループ・アメリカCEOとして
2014年12月、スカーレットが自動車産業に参入し、会社がグループ化されると、自動車部門に注力したレミリアに代わってIT部門の指揮を執ることとなった。
スカーレットグループは年を追うごとに巨大化していき、2015年末には7部門を抱える超巨大グループ企業と化していた。
レミリアはスカーレットグループを世界的グローバル企業へと成長させるため、2016年にアメリカ法人となる「スカーレットグループ・アメリカ」を設立。
パチュリーは直々にCEOに任命され、スカーレットグループ・アメリカの経営を担うこととなった。彼女はCEOに着任すると直ぐ様徹底した市場調査を行い、アメリカ人のニーズに応えた経営方針を打ち出し、販売網の拡大を図った。

現在
パチュリーはスカーレットグループ・アメリカCEOとしての仕事の傍ら、世界各国を飛び回るレミリアに付き添う生活を送っている。最近はレミリアがアメリカでの市場開拓に力を入れていることもあり、現地の情勢をよく知る者として、全面的に協力する姿勢を見せている。また、技術者としても活躍しており、2017年にはスカーレット初となるプロトタイプカー「エターナル」の設計を行い、同年のル・マン24時間レースでスカーレットを初参戦初総合優勝へと導いた。

エピソード

・親友であり、スカーレットグループの会長兼CEOであるレミリア・スカーレットとは誕生日が僅か1日しか違わない。
・2017年に「エターナル」の設計を担当して以来、パチュリーは後継車両の「デスティニー」に至るまで、全てのスカーレット製のプロトタイプレーシングカーの設計を担っている。彼女の設計した車両はいずれも勝利を上げている上に、ル・マン24時間レースでは5戦全勝と圧倒的な戦績を誇っている。
・喘息持ちな上に、体が弱い。そのために激しい運動をすることが出来ず、少し走っただけでも息が上がってしまうとのことである。無理をして1ヶ月も体調不良を長引かせたこともある。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

キャラクター一覧

大英帝国の紅い月

企業・行政一覧

通信業

行政

犯罪組織


メーカー一覧
販売台数ランキング
カテゴリ別評価ランキング
トップスピードランキング
モータースポーツ
ラジオ局


シティガイド


【メニュー編集】

どなたでも編集できます