こちらはGTASAでの合作企画に登場するキャラクター、及び企業などをまとめたWikiです。荒らし、規約違反がないようにご利用下さい。

BRAVADO


シャイスターが保有するブランドの1つ。
元々は独立していたが、1920年代にシャイスターに買収され、シャイスターの一部門に組み込まれる。

解説

「ブラヴァド」はシャイスターの一ブランドで、現在は「スポーツブランド」兼「エントリーブランド」として位置づけられている。
シャイスターには他にSUVを中心に展開している「カニス」ブランドも保有しており、こちらは乗用車やトラックを製造している。

べネファクター・シャイスター時代はグローバルブランドとしての展開を想定していたが、提携解消後、スカーレットの実質的な子会社となってからは、欧州・豪州・日本すべてを撤退。
また、ホットリングレースにも復帰予定があったが、シャイスターの経営破たんにより、復帰することは叶わなかった。

現在のブラヴァドは南北アメリカでの販売に限定されている。

売上の70%ほどをトラックである、「バイソン」が占めている。
またバンの売り上げの多くを「ランポ」が。現在はシャイスター同様、一部の車両をスカーレットからOEMを受けており、「ニューマン」がスカーレット・リコシェからのOEMを受けている。

ラインナップ

ブラヴァド・バンシー
ブラヴァドを代表するスポーツカーでインヴェテーロ・コケット対抗馬として開発された。
当初は少量生産を予定していたが、予想以上の売り上げを博し、生産が延長され、数度のフルモデルチェンジを受けた。
現在はベースグレートに加えてハイパフォーマンスモデル「900R」と「BRT10」が存在。
ブラヴァド・バッファロー
1960年代のマッスルカーを現代に蘇らせた車両だが、どちらかと言えば1960年代のそれを躊躇しつつ4ドアセダンとして生まれ変わらせたもの。
警察車両として正式採用されている他、少数ながらタクシーでの採用実績もあった。
スポーツグレード「S」が存在し、こちらはトルクの高さと馬力の高さから、一定の層にはかなり大うけしている。
「ピースメーカー」はパトカーグレード。
ブラヴァド・ガントレット
バッファロー同様、1970年代のマッスルカーを現代に蘇らせたもの。こちらは当時の物に限りなく近づけている。
元々は復活させる予定はなかったが、ライバルのヴァピッドがドミネーターの新路線を切り拓いた為に、復活させた。
ブラヴァド・バイソン
ブラヴァドでの売り上げの実に7割ほどを占めるフルサイズのピックアップトラック。北米総販売台数3位。力強いフロントマスクが若者に人気。
ブラヴァド・ランポ
フルサイズバンでテレビ局にも採用されるなどの人気を持つ。生産終了の噂が度々なされるが、現在のところ生産が続行されている。
ブラヴァド・ニューマン
現在のヨウガの立ち位置に当たるミドルクラスのバン。スカーレット・リコシェのOEMを受けている。グリルがバイソンと似たデザインになるなど、OEM元との違いがある。
ブラヴァド・グリズリー
カニス・セミノールとプラットフォームを共有するミドルクラスSUV。警察車両向けも一時期存在した。

過去の販売車両

ブラヴァド・ウェストベリー
アメリカにおけるミニバンのパイオニア的存在。元々はシャイスターブランドでも販売されていたが、モデル末期はブラヴァドでの販売のみ。
元々は「Gカー」のプラットフォームの発展型を使用していたコンパクトなミニバンだったが、最終型はフルサイズミニバンとなっている。
2021年に生産終了し、2022年からはシャイスターブランドでフルモデルチェンジしたウェストベリーが販売予定である。
ブラヴァド・ヨウガ
かつて製造されていたフルサイズバンでランポとは兄弟車関係に当たる。
べネファクター・シャイスター時代にはべネファクター製のバンをヨウガとして販売していたこともある。
ブラヴァド・ラットトラック
1930年代に製造していたトラック。そのスタイルから現在ではホットロッドのベースとして、レストアされているケースも多い。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

キャラクター一覧

大英帝国の紅い月

企業・行政一覧

通信業

行政

犯罪組織


メーカー一覧
販売台数ランキング
カテゴリ別評価ランキング
トップスピードランキング
モータースポーツ
ラジオ局


シティガイド


【メニュー編集】

どなたでも編集できます