こちらはGTASAでの合作企画に登場するキャラクター、及び企業などをまとめたWikiです。荒らし、規約違反がないようにご利用下さい。

CANIS


シャイスターが保有するブランドの1つ。
元々はUMCが保有するブランドだったが、買収に伴って現在はシャイスターのブランドとなっている。グループで唯一の連続黒字売上で世界各国で人気の高いブランド。

解説

「カニス」はUMCが保有するブランドの一部で流れ自体はカニス=マンモス社にあった。
第二次世界大戦中のアメリカ陸軍の要請で開発された軍用車両、後の「クルセイダー」がその元祖である。
その高い機動性、耐久性と悪路における優れた走行性能で多大な軍事的成果を上げたことでも知られる。

その存在は世界に広く知らしめて大戦後に民生用・軍事用問わず、同系統の四輪駆動車が広く世界的に普及することとなった。
特に「クルセイダー」を基に民生用として販売された「メサ」は実に人気が高い車両の1つで、その優れた設計と名声から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となった。

カニスは1970年にUMCに買収され、ブランドとして組み込まれる。その後、1980年にはUMCがフランス・フレール傘下に。
1987年にはフレールからシャイスター社に買収され、そのシャイスターもべネファクターに買収される端末を辿っている。
現在、シャイスターはスカーレットの実質的な子会社となっている。また、カニスはシャイスターのブランドの1つとなっている。

1980年代に生まれた「セミノール」、後のカニスのフラグシップとなったSUVは爆発的な普及をし、既にカニスの代名詞でもあり、クロスカントリーカーの代名詞でもあった「メサ」と共に広く人気を博した。

今日ではカニスの愛好家が世界中におり、加えてメサ、セミノール共々一部警察機関で採用されている他、セミノールはタクシーとしての採用実績もある。
ロゴ(別バージョン)

カラーコード

カラーカラーネーム備考
STARLORD REDスターロード レッド
GAMORA GREENガモラ グリーン
ULTRA BLUEウルトラ ブルー
SUNSET ORANGEサンセット オレンジ
WHITEホワイト
JET BLACKジェット ブラック
SAINTS PURPLEセインツ パープルメサ グランド限定色
TAXI YELLOWタクシーイエローセミノール タクシー仕様限定色
CANIS OLIVE DRABカニス オリーブドラブカニス80周年記念仕様車限定色

ラインナップ

カニス・セミノール
カニスの現在のフラグシップSUV。現行モデルはノーマルグレード「ノードベリ」、スポーツグレード「キーストーン」からなる。
警察機関やタクシーに採用実績があり、また全米新車販売台数でも”アメリカ製”の中ではピックアップトラックを除くと上位に食い込む人気を誇る。
装甲仕様の販売や2021年にはカニスが80周年を迎えたこともあり、80周年記念仕様車がメサと共に販売された。
また、タクシー仕様に限定されるがバリアフリー特化の”ウェルキャブ”仕様もタクシー業者向けに販売されている。
カニス・メサ
軍用車両「クルセイダー」の民生版として誕生した、カニスの本格的なクロカンSUV。
2ドアモデルの「メサ・スウィンドル」と4ドアモデルの「メサ・グランド」からなる。
初代から一貫してデザインが大きく変わっておらず、愛好家が非常に多く、カニスの代名詞的存在で「メサ」の名前は小型軍用車両の代名詞でもある。
2021年にはカニスが80周年を迎えたこともあり、80周年記念仕様車がセミノールと共に販売された。
また、軍用車両として採用されていた背景からか、メリーウェザーやアルター・マサコチームなどの私設部隊や傭兵から絶大な信頼性を誇っており、オフロードカスタムされているメサも数多く存在する。
カニス・ボーディ チーフ
ボーディをイメージしてロスサントスモーターショーでコンセプトカーとして展示された「ボーディ・チーフ コンセプト」の市販モデル。
昨今では珍しい、ピックアップトラックでモチーフになったボーディを残しつつも、最近のカニスらしいデザインが成されている。

過去の販売車両

カニス・クルセイダー
第二次世界大戦中に開発された軍用車両を基に開発された軍用SUV。
現在は生産をしておらず、既に後継車であるマンモス・ブルドッグにその座を譲り、前線を退いている。
ちなみに世界各国でこの車両のOEMが製造された。日本ではマイバツ?が製造していたほか、戦時中はヴァピッドでも製造がされていた。
カニス・ボーディ
カニス=マンモス社時代に生産されていた、クルセイダーと同じく軍用向けの小型トラック。
1980年代には中古のボーディが格安で市場に出回ったこともあり、現在に至るまでメサと共に愛好家が存在する。
2021年にはこの車をモチーフにした「ボーディ・チーフ コンセプト」が展示され、2022年からはコンセプトカーを基にした市販車が発売された。
カニス・カラハリ
フレール傘下だった時代に、クルセイダーOEMの代わりにカニスが北米で一時期販売していたフランス軍の軍用車両。
ちなみに元々の車両は「フレール」で製造されていたものではないが、フレールとは業務提携を結んでいたシェブロン社のものである。
輸入の関係上、カニスブランドでは比較的高額に設定されていた関係もあり、販売台数的には振るわず、シャイスターのUMC売却に伴いモデル廃止された。北米での総販売台数は6024台に留まった。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

キャラクター一覧

大英帝国の紅い月

企業・行政一覧

通信業

行政

犯罪組織


メーカー一覧
販売台数ランキング
カテゴリ別評価ランキング
モータースポーツ
ラジオ局


シティガイド


【メニュー編集】

どなたでも編集できます