こちらはGTASAでの合作企画に登場するキャラクター、及び企業などをまとめたWikiです。荒らし、規約違反がないようにご利用下さい。

UMC


かつてのアメリカナンバー4。今は亡きUMCはビッグ3とは一線を画してきました。

解説

1954年にアメリカビッグ3に対抗すべく、インディーズメーカーであった、ボックス・コーポレーションとエルメス・モーター・カー・カンパニーが合併して発足された。
1968年にはボックスが家電部門を売却し、1970年にはカニス=マンモス社を買収。

一貫してコンパクトカーを作っていたものの、70年代に入れば日本車の台頭が始まり、経営不振が続いた。1979年にはフランスのフレールに買収された。

その際に国防省の配慮により米国外資本(フレール)から軍用車部門を分離するため、軍用車両部門はマンモスとして独立。
後に軍事部門はHVY傘下、民生部門はブルートにブランドして再編されたのちにブランド廃止となっている。

1987年にはカニスに目を付けたシャイスター社に買収され、消滅。カニスは現在でもシャイスターの基幹ブランドとして、世界中で販売されている。

過去の販売車両

UMC・ラプソディ
1975年に登場。当初はFFロータリーエンジンを想定していたが、オイルショックの影響もあり従来型のV6のFRに落ち着いた。
販売が低調で業績が回復しないUMCがビッグ3に対抗するためにあえて大きな賭けに出たコンパクトカーで、他社より10年先んずることをコンセプトとしていた。
その独特のスタイルと先進的な見た目から「金魚鉢」などの愛称がある他、当時女性を中心に人気を博した。しかしながら、他社からも2ボックススタイルの車が販売されるようになると、目新しさもなくなり、加えてUMCの経営悪化からアフターサービスや品質の低下を招くこととなった。
1979年、フレールの傘下に伴い、販売車種の合理化・整理が行われ、1980年モデルを最後に販売終了。
名車ではなく迷車の部類ではあるが、「1970年代を代表するアメリカ車」とする声も多い。
UMC・ジルコニウム
コンパクトな車体に4WDのシャーシを組み込んだ車両でカニス譲りの高いオフロード性能を持たせた革新的な車として各方面に評価された。
これはのちの「クロスオーバーSUV」の先駆けである。UMCがシャイスターに買収された後もわずかな期間、販売が継続され、1988年に生産終了。
後にジルコニウム?の名前はシャイスターのブランドの一部として継承された。

関連メーカー

1987年にUMCを買収したビッグ3の1つ。
マンモス=カニス社のブランドでUMCがマンモス=カニス社を買収後、製造を唯一継続させたブランド。UMCがシャイスターに買収されるのに伴い、カニスはUMCからシャイスターのブランドとなった。
フレール傘下に伴い、UMCから独立した軍用車部門。後に軍事部門はHVY傘下、90年代に登場した民生部門はブルートに売却され、ブランドの一部として組み込まれた。
  • ジルコニウム?
シャイスターが1987年から1998年まで北米で展開したブランド。名前は1980年から1987年までUMCが販売したUMC・ジルコニウムに由来する。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

キャラクター一覧

大英帝国の紅い月

企業・行政一覧

通信業

行政

犯罪組織


メーカー一覧
販売台数ランキング
カテゴリ別評価ランキング
トップスピードランキング
モータースポーツ
ラジオ局


シティガイド


【メニュー編集】

どなたでも編集できます